今季限りでバルセロナから退団することが決まっているMFアンドレス・イニエスタ。

宿敵レアル・マドリーとの最後のエル・クラシコでは、ベンチに下がる際にカンプ・ノウから喝采を浴びた。

その彼が着たユニフォームは、レアル・マドリーのあの選手が受け取っていたようだ。

スペイン代表の同胞でもあるDFセルヒオ・ラモスの手には、サインとメッセージが入ったイニエスタのユニフォームが。

ラモスは「ピッチ上での出来事をこえ、昨日のことはイニエスタのクラシコとして記憶されるだろう。本物のクラシコとして。さびしくなるよ、友よ」と綴っていた。

『Marca』によれば、イニエスタがユニフォームに書き込んだメッセージはこのようなものだったそう。

アンドレス・イニエスタ(バルセロナMF)

「友であるセルヒオへ。

多くの瞬間をともに共有したね、またライバルとしてもね。

ありがとう。幸運を祈っているよ」

イニエスタがいない次のクラシコが行われた時、彼がいなくなった実感を初めて感じることになりそうだ。