今季限りでアンドレス・イニエスタが退団することになったバルセロナ。

『Dailymail』では、今後3つの移籍マーケットにおけるバルサの補強ターゲットはすでに決まっているという。その面子とは…。

2018年夏のターゲット:アントワーヌ・グリーズマン

アントワーヌ・グリーズマン

(フランス代表FW/アトレティコ・マドリー/27歳)

バルサが狙っていると伝えられ続けているグリーズマン。今夏、8800万ポンド(130億円)のリリース条項を行使して獲得を狙うとのこと。

2019年冬のターゲット:アルトゥール(ブラジル代表MF/グレミオ/21歳)

アルトゥール

(ブラジル代表MF/グレミオ/21歳)

彼についてはほぼ獲得済み。バルサは獲得優先権を得ており、3000万ユーロ(39.2億円)+ボーナスを支払えば、2019年1月からチームに加わることになる。