2017-18シーズンのブンデスリーガ2部を12位で終えたザンクト・パウリ。と言っても、3部3位との入れ替え戦に回る16位とは勝点3ポイント差と、際どいシーズンの終わり方だった。

そんなザンクト・パウリの2018-19シーズンに向けた新しいホームキットが17日、クラブとキットサプライヤーのUnder Armourから発表となった。昨季のホームキットの流れを汲んだデザインに仕上がっている。

このクラブに所属する宮市亮は負傷離脱中だが、このユニフォームに袖を通す日が来ることを願わずにはいられない。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

St. Pauli 2018-19 Under Armour Home

ザンクト・パウリ 2018-19 Under Armour ホーム ユニフォーム

新しいホームキットは、ブラウンを基調にレッド/ホワイトの水平ストライプ。基本的に昨季のホームキットに近いカラーで、伝統を踏襲したデザインだ。胸スポンサーは通信会社の「Congstar」で継続。

ザンクト・パウリ 2018-19 Under Armour ホーム ユニフォーム

袖口はそれぞれレッドとホワイトの差し色。背面の首元に、近年のクラブを象徴するレインボーカラーのテープを配している。

ザンクト・パウリ 2018-19 Under Armour ホーム ユニフォーム

パンツ、ソックスはシャツと同じブラウンを基調。ソックスの前面にはチーム名の略称「FCSP」が入る。