今季プレミアリーグを圧倒的な強さで制覇することに成功したマンチェスター・シティ。

しかし、来季はより周囲のマークが厳しくなることが予想される。ヤヤ・トゥレも今季限りで退団することが決まった。

グアルディオラ監督はチームの中核を担うセンターハーフを獲得したいと考えており、今夏その動きを見せるともいわれる。

それだけの投資をするならば、どのような選手を獲得するべきか?『Sportskeeda』は以下の5名をピックアップしている。

タンギー・エンドンベレ(リヨン)

タンギー・エンドンベレ マンチェスター・シティ

今季のフランス・リーグアンで登場したタレントの一人。21歳のセンターハーフは、リヨンで素晴らしいシーズンを過ごし、いくらかのクラブから関心を受ける存在になった。

高いエネルギーが必要な攻撃的サッカーにおいて、中盤で様々な役割をこなせることを証明した。

激しいタックルでボールを奪い、チームの上がりを引き出し、さらに試合をコントロールしようとする。

フェルナンジーニョのような堅実性はなくとも、運動能力は高く「次なるエッシェン」とも評価される。

アンジェからのレンタルだが買い取りオプションが付随している。1200万ユーロ(およそ15.6億円)という安さであり、シティがそれ以上の額を提示すれば…。