アンドレス・イニエスタのラストマッチにもなったレアル・ソシエダ戦との今季最終戦に勝利したバルセロナ。今後、選手たちはワールドカップに臨むことになる。

そのバルセロナでワールドカップに出場する予定の選手たちをピックアップしてみよう(なお、まだ本大会メンバーは確定していないのであくまで仮定)。

グループA(ロシア、サウジ、エジプト、ウルグアイ):ルイス・スアレス

グループB(ポルトガル、スペイン、モロッコ、イラン):ピケ、ブスケツ、イニエスタ、ジョルディ・アルバ

グループC(フランス、豪州、ペルー、デンマーク):サミュエル・ウンティティ、ウスマヌ・デンベレ

グループD(アルゼンチン、アイスランド、クロアチア、ナイジェリア):メッシ、ラキティッチ

グループE(ブラジル、スイス、コスタリカ、セルビア):コウチーニョ、パウリーニョ

グループF(ドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国):マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン

グループG(ベルギー、パナマ、チュニジア、イングランド):トーマス・ヴェルマーレン

グループH(ポーランド、セネガル、コロンビア、日本):ジェリー・ミナ

なんと全8つのグループステージ全てに所属選手を送り込んでいるのだ。これはすごいかも…。

なお、ポルトガル代表歴のあるネルソン・セメドとアンドレ・ゴメスはW杯メンバー入りならず。

その他でW杯に出場しない見込みのトップチームの選手は、GKヤスパー・シレッセン(オランダ)、FWパコ・アルカセル(スペイン)、DFリュカ・ディーニュ(フランス予備登録)、MFセルジ・ロベルト(スペイン)、DFアレイシ・ビダル(スペイン)ら。