UEFAチャンピオンズリーグも終わった欧州サッカーシーンだが、昇格を巡る各国のプレーオフでは熱戦が続いている。

スペインでは36年ぶりに3部降格となっていたマジョルカが、1年での2部復帰を決めた。

3部のグループ3で優勝していたマジョルカは、プレーオフ1回戦でミランデスを撃破。これにより2部昇格が決まった。なお、プレーオフ決勝で戦うラージョ・マハダオンダの昇格もすでに決定。こちらはクラブ史上初の2部昇格となるようだ。

フランスではグルノーブルのリーグドゥ(2部)昇格が決定。

3部で3位だったグルノーブルは、2部18位のブール=ガン=ブレスとの入れ替えプレーオフに勝利して昇格を掴み取った。

そして、ドイツでは昇格プレーオフに勝利した1860ミュンヘンの3部昇格が決まっている。