このほど発表されたドイツ代表のワールドカップメンバー23人。

驚きだったのだが、マンチェスター・シティFWルロイ・サネの落選だ。

今季プレミアリーグで活躍し、『PFA Young Player of the Year』も受賞していた22歳のレフティはなぜ除外されたのか…。

『Mirror』によれば、指揮官はこう説明したとのこと。

ヨアヒム・レーフ(ドイツ代表監督)

「彼(サネ)とユリアン・ブラントとの間での非常にきわどい決断だったが、ブラントを選んだ。

(攻撃陣の)ドラクスラー、ロイス、ミュラーはセットだ」

「ルロイにはとんでもない才能がある。彼は9月から(代表に)戻ってくるだろう。彼はまだ代表マッチには達していない」

才能は確かながらクラブでのようなプレーを代表では見せられていないということが理由のようだ。