王者ドイツ代表がロシアW杯で着用するアウェイユニフォームが20日、キットサプライヤーのadidasから発表になった。

明るめのグリーンが基調色に使われるのは2012-13アウェイユニフォーム(EURO 2012モデル)以来。ちょっと懐かしさを覚えるデザインは、1990年のワールドカップで記憶に残る“あのユニフォーム”からインスパイアされている。

ここではアウェイユニフォーム画像と、adidasが宣材としてリリースした選手の着用画像を2ページに渡って紹介したい。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Germany 2018 adidas Away

ドイツ代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

矢印のようなグラフィックデザインは、1990年当時のアウェイユニフォームからインスパイアされている。

1990年のイタリアW杯・準決勝でグリーンのアウェイユニフォームを着たドイツ代表(当時は西ドイツ代表)は、PK戦の末にイングランド代表との因縁対決に勝利した。

ドイツ代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

背面の首元には「チーム」を意味する代表チームの愛称“Die Mannschaft”をプリント。

ドイツ代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

前回大会王者の証となるチャンピオン・エンブレムとチームエンブレム。オーセンティックユニフォームなのでレプリカとは素材が異なり、どちらも熱圧着で取り付ける。