ついに6度目のワールドカップを迎えた日本代表。

ロシア大会は初出場となった1998年のフランス大会から20年の節目でもある。そこで過去の日本代表ユニフォームを振り返ってみよう。

今回は2002年日韓ワールドカップのユニフォーム、通称「富士山モデル」!

日本代表 富士山モデル

日本代表 歴代 ユニフォーム 2002-03 日韓ワールドカップ モデル

首元から袖にかけての赤いパイピングが富士山をイメージしていることから、富士山モデルと呼ばれるこのユニフォーム。脇から腹部にかけての逆三角形部分は「湖面に映る逆さ富士」をイメージし、日本の象徴を落とし込んだデザインだった。

日本代表 歴代 ユニフォーム 2002-03 日韓ワールドカップ モデル

ホームキットは2002年3月21日に大阪で行われたウクライナ代表戦でデビュー。試合は戸田和幸のゴールにより1-0で勝利し、さい先の良いスタートを切っている。

W杯開幕が近づくにつれ「どこでも目にするようになった」この富士山モデル。当時はJFAのスポンサーである某コンビニエンスストアの店内でも販売していたくらいで、その売り上げ枚数は約60万枚とも言われている。文字通り“空前の大ヒット商品”だった。