通算6度目のワールドカップが目前に迫っている日本代表。ロシア大会は初出場となった1998年のフランス大会から20年の節目でもある。そこで過去の日本代表ユニフォームを振り返ってみよう。今回は炎モデル!

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

日本代表 炎モデル

炎モデルとは、1996年から99年にかけて使われたユニフォームの通称名。W杯初出場という「次への扉」を開いたユニフォームだ。不動明王が背負う炎「迦楼羅炎(かるらえん)」をモチーフにした柄を両袖にあしらい、全体にも透かしでプリントしている。

ユニフォームはPuma、adidas、asicsの3社が合同で開発し、持ち回りで担当。そしてドーハモデルと同様に、各年代ごとに担当サプライヤーが異なる複雑な方式だった。

日本代表 歴代ユニフォーム 炎モデル

この袖の「炎」だが、ある時期を境に形と大きさが変わっている。

炎モデルは、まずPuma製が96年のキリンカップから使われているが、残念ながらPuma製キットの画像は用意できなかったので非掲載。ここではasics、adidasの各キットを紹介しよう。