『ESPN』は20日、「ブラジル代表FWネイマールは、右足負傷での離脱から練習に復帰した」と報じた。

今回の大会前に中足骨を骨折し、出場が危ぶまれたネイマール。しかし無事回復に成功し、「100%ではない」状況ながらスイス戦にもスタメン起用された。

しかしその試合ではあまり調子が上がらず、さらに月曜日のジョギング中に足を痛めてしまった。

火曜日にも15分しか練習を行わなかったことから、あるいはまた離脱してしまうのでは…と報告された。

だが、ブラジルサッカー連盟は20日にツイッターでネイマールが練習をしている場面を投稿。水曜日には無事ピッチに戻ったことを報告した。

右足にはすこし青い包帯が巻かれていることがわかるも、動きにはそれほど問題はないようだ。

ブラジル代表は22日、コスタリカとのグループステージ第2節に臨む予定となっている。