日本代表はワールドカップ決勝トーナメント1回戦でベルギーと戦う。

ここでは、両チームのグループステージ3試合で最も速いトップスピードを叩き出した選手を調べてみた。

まずは、日本。

原口元気

日本最速だったのは、MF原口元気!第2戦セネガル戦で両チームトップとなる31.97km/hをマーク。

右サイドの生命線と言える選手だけに彼を第3戦で休ませられたことは大きいはず。ベルギー相手にも奮闘してくれることを期待したい。