ワールドカップ準決勝で対決するイングランドとクロアチア。

かつてトッテナムでプレーしていたクロアチア代表MFルカ・モドリッチにとっては旧友たちとの再会にもなる。

カイル・ウォーカーとダニー・ローズは当時のチームメイト。そして、いまやイングランド代表の大エースとなったFWハリー・ケインも実は元同僚だ。

モドリッチとケインは2011年のUEFAヨーロッパリーグ、PAOK戦でともに先発出場(クロアチア代表DFヴェドラン・チョルルカもいる!)。

ただ、この時のケインは弱冠18歳。モドリッチが知っているスパーズ時代のケインは、まだ彼がプロとして駆け出しだった頃の話だ。

『Guardian』によれば、今回の対戦を前にモドリッチはこう述べたという。

ルカ・モドリッチ(クロアチア代表MF)

「ハリーは若くて、ちょうど出てきたところだった。

彼はいつでもハードワークをしていたよ。

彼についてのある話をはっきりと覚えている。だけど、それは内緒にしておくよ」

教えてくれないのかい!気になる!

とはいえ、この2人の出来が勝負の行方を左右するはず。8歳差の元同僚対決に注目だ。