先日行われたワールドカップ準決勝でイングランドを延長戦の末に破ったクロアチア。

決勝点を決めたのはマリオ・マンジュキッチ。109分にペリシッチがヘディングで落としたボールを、ゴールに流し込んだ。

話題になったのはその直後の場面。喜ぶマンジュキッチはピッチの脇に向かい、カメラマンを押し倒してしまった!

そのカメラマンはAFPメキシコのユーリ・コルテス氏。彼はこの瞬間にも写真を撮り続けていたのだ。それがこちら。

手を差し伸べるマンジュキッチのカッコよさたるや。こんな写真、押し倒されなければ撮れない!