新シーズンに向けて着々と戦力補強を進めるリヴァプール。14日にはストークからジェルダン・シャキリの獲得を発表した。

そんなリヴァプールの2018-19シーズンに向けたサードキットが12日、クラブとNew Balanceから発表となった。

近年はダークカラーが多かったサードだが、今回は2008-09シーズン以来となるグレーが登場している。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Liverpool 2018-19 New Balance Third

リヴァプール 2018-19 New Balance サード ユニフォーム

新しいサードキットは、最後にリーグタイトルを獲得した1989-90シーズンのチームに敬意を表して、当時のアウェイキットのデザインをモチーフにしている。

リヴァプール 1989-91 adidas アウェイ ユニフォーム

このユニフォームが1989-91シーズンのアウェイキット(※2シーズンで使用)。イアン・ラッシュ、ケニー・ダルグリッシュらがプレーした89-90シーズンは、リーグ優勝とFAカップ準優勝の成績を残している。

リヴァプール 2018-19 New Balance サード ユニフォーム

背面の首元にはエターナルフレームと「96」(“ヒルズボロの悲劇”の犠牲者数)を配している。英国サッカー史上最悪の事故が発生したのは、1989年4月15日。来年(つまり2018-19シーズン中)で悲劇から30年を迎える。

リヴァプール 2018-19 New Balance サード ユニフォーム

パンツはライトグレー、ソックスはホワイトを基調。ソックスの足首部分はアキレス腱を保護する仕様。