ワールドカップロシア大会でも活躍したアンドレス・イニエスタの加入で沸き立つヴィッセル神戸。

この「イニエスタ特需」により、グッズの売れ行きがどこまで上昇するかにも注目が集まるところだが、そこで重要な役割を果たす公式ECサイトがリニューアルしたことはご存じだろうか。

「全体のデザインに統一感を出し、見やすく、わかりやすく、検索しやすく、購入しやすい」をコンセプトにページデザインは一新され、商品検索ボックスの利便性や検索性、新着情報の見やすさなどが飛躍的に向上。

旧仕様で抱えていた「カテゴリが文字情報だけでわかりにくい」、「新商品を見つけにくい」という問題点も解消された。

そして、昨今のECで忘れてならないのが「スマートフォン向けの対応」だが、スマホユーザーの必須アイテムである「楽天アプリ」内のページを同様に大幅改修。

こちらも「見やすさ」、「検索しやすさ」を追求したことで、購入者の使いやすさは確実に上昇した、嬉しいリニューアルとなった格好だ。

世界的な名選手の移籍により、ファン数の増加が期待されるヴィッセル神戸だが、これはJ1リーグ再開前に「大きな武器」を手にしたかもしれない。