インターナショナル・チャンピオンズカップのためシンガポールを訪れ、アトレティコ・マドリーと対戦したアーセナル。

着用した特別なユニフォームが話題になる中、最終的なスコアは1-1となり、PK戦で敗北することになった。

しかし、この試合でアーセナルがあげた1得点は、単なる1つのゴールだけで終わらない意味があった。それを決めたのはウナイ・エメリに抜擢されたMFエミール・スミス=ロウだったからだ。

まだトップチームでの公式戦に出場したことはないが、先日のボアハム・ウッド戦で抜擢された。2列目ならどこでもこなし、得点力に優れる攻撃的MFだ。

これは破壊力あるドリブル!長い脚を鋭く使っての持ち上がりから、ゴール右上隅に鮮烈シュートを叩き込んだ。

エミール・スミス=ロウは、「次なるケヴィン・デ・ブライネ」とも呼ばれて期待されている17歳。トッテナム・ホットスパーやバルセロナからオファーをもらったことがあるものの、それを拒否してアーセナルに残ったというエピソードを持つ。