『Squawka』は14日、「アーセナルのプレシーズンのスタートで学んだ5つのこと」という記事を掲載した。

米国に渡ってインターナショナル・チャンピオンズカップを戦うアーセナルであるが、その前にボアハム・ウッド(5部)との練習試合を行っている。

ウナイ・エメリ監督の下で行われた初めての対外試合であり、多くの選手が試された。結果は8-0と快勝で、新体制のスタートとしてはいい結果となった。

この試合で学んだ5つのこととは何か?

オーバメヤングはゴールに飢えている

ピエール=エメリク・オーバメヤング アーセナル

ガボン代表の彼はフットボールのない夏を過ごし、非常に早く戻ってきた。わずか7分でゴールを決め、さらにメイトランド=ナイルズのお膳立てでネットを揺らした。

さらに17分にはペナルティキックを決め、ハットトリックを達成。試合を通して大暴れを続けた。

彼が完璧なプレシーズンを経てプレミアリーグに入ることができれば、オーバメヤングが20ゴール以上を決めても驚きではない。

最前線だけではなくワイドで起用できる能力もあり、今季は多くのディフェンダーを窮地に陥れるだろう。