イタリア・セリエBのスペツィアは、「元アイスランドU-19代表スヴェイン・アロン・グジョンセンを獲得した」と公式発表した。

スヴェイン・アロン・グジョンセンは1998年生まれの20歳。あのエイドゥル・グジョンセンの息子に当たる選手だ。

昨年夏にヴァルルからブレイダブリクに移籍していたが、今夏のマーケットでイタリアへと移籍することが決まった。

アイスランドのU-19代表チームではこれまで8試合に出場して3ゴールを決めており、190cmという恵まれた体格を持つ左利きのストライカーである。

4歳下の弟にあたるアンドリ・ルーカス・グジョンセンは今季レアル・マドリーのユースに加入しており、かなり期待されている存在だ。

アンドリ・ルーカスの前にスヴェイン・アロンはブレイクすることができるか?