欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、「元フランス代表MFサミル・ナスリのドーピング違反による処分を延長した」と公式発表した。

サミル・ナスリは2016年のウィンターブレイクでアメリカを訪れ、静脈に1リットルの水分補給を行うという治療を受けた。

これは免疫力を高めるためのものだったが、後の調査でこれが国際アンチ・ドーピング機構(WADA)のルールに抵触すると判明した。

UEFAはもともと彼に対して2年間の出場停止処分を求めていたが、ナスリ側がスポーツ裁判所へ訴え、それが1年に削減された。

そして最終的には2018年2月から6ヶ月間の出場停止となっていたのだが、これにUEFA側が異議を唱えていた。

その結果、今回「2017年7月から18ヶ月間」の出場停止処分になることが決まり、実質的に半年延長されることになった。

ナスリは11月1日以降にサッカークラブの練習に合流することが可能であるが、公式戦出場は2019年以降になる。

今年1月にアンタルヤスポルを退団してからフリーエージェントとなっているナスリ。これにより今夏のマーケットでもピッチ復帰は不可能になった…。