『Sky』など各メディアは、「中国超級リーグの重慶当代力帆は、ジョルディ・クライフ氏を新しい監督に招いた」と報じた。

重慶当代力帆は現在中国超級リーグで16チーム中14位に沈んでおり、降格圏まで勝点差2と苦戦している。

先日は今季から指揮を執っていたパウロ・ベント前監督を解任していたが、その後も調子は上がらず。

そして今回あのヨハン・クライフ氏の息子として知られるジョルディ・クライフ氏を監督に招くことを決めたとのこと。

ジョルディ・クライフ氏は1974年生まれの44歳。選手としてはアヤックスとバルセロナの下部組織で育成され、マンチェスター・ユナイテッドにも所属した経験を持っている。

2009年にヴァレッタで選手兼任コーチを務めた後にフロントスタッフに転身し、AEKラルナカ、マッカビ・テルアヴィヴでスポーツディレクターを歴任。

昨年夏にはマッカビ・テルアヴィヴで自身初めての監督業を務めることになったが、1シーズンの指揮で退任していた。