『Voetbal International』は「イングランド・プレミアリーグのエヴァートンは、新たなテクニカルディレクターとしてジョルディ・クライフ氏を招聘しようとしている」と報じた。

今夏イラン人実業家のファルハド・モシーリ氏が株式を購入し、大きな投資が行われているエヴァートン。

監督もロベルト・マルティネス氏からロナルト・クーマン氏に代わり、彼にも大きな給与が支払われていると伝えられる。

エヴァートン側はレスター・シティのスカウトであるスティーヴ・ウォルシュの引き抜きを狙っていると言われていた。

しかし、ロナルト・クーマン監督の考えは違い、かつてプレミアリーグでもプレーした元オランダ代表FWジョルディ・クライフ氏の招聘を望んでいるという。

すでにクラブからジョルディ・クライフ氏には接触が行われており、何らかの会談もあったと示唆されている。

ジョルディ・クライフ氏は今年42歳。3月に死去したヨハン・クライフ氏の息子であり、選手としてもバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドに所属した経験を持つ。

スーパースターであった父親ほどの成功は収められず、怪我によって早期の引退を余儀なくされた。しかし、現在はマッカビ・テル・アヴィヴ(イスラエル)のスポーツディレクターとしてチームの強化を行っており、フロントとして辣腕を振るっている。