『FourFourTwo』は、「プレミアリーグでの2年目で復活を遂げた6名の選手」という記事を掲載した。

選手が移籍した際にはかならず適応のための時間が必要になるもので、それが1年も2年もかかることも…。

長い間難しい状況にあったものの、2年目にいいパフォーマンスを見せた選手とは?

パトリス・エヴラ

パトリス・エヴラ

2006年、マンチェスター・ユナイテッドはモナコから彼を獲得するために550万ポンド(およそ8億円)を支払った。それは明らかにアレックス・ファーガソン監督にとって最高の契約の一つだった。

彼が2014年に退団した時はピークを過ぎていたが、数シーズンの間世界のレフトバックをリードする存在だった。

ただ、2006-07シーズンはそれほどでもなかった。マンチェスター・シティとのダービーで1-3と敗れたときのプレーは幾度となく批判された。

リヴァプールの試合ではメンバーから落とされたし、加入半年後のワールドカップにも出場できなかった。

ただ次年度には全てが変わった。エインセ、オシェイ、シルヴェストルに先立ち、彼はファーストチョイスとして左サイドを席巻した。