ハビエル・マスケラーノ

ハビエル・マスケラーノ

ウェストハムが最初の9試合で1分け8敗と苦しんでいた2006年8月、突如カルロス・テベスとハビエル・マスケラーノがやってきた。

マスケラーノはすぐにエリート選手になっていったが、ウェストハムでの最初はナイジェル・リオ・コーカーとヘイデン・マリンズにポジション争いで敗れていた。

単純に彼はアップトン・パークでほとんど活躍しなかったため、リヴァプールへの移籍も止めなかった。

しかしジェラードとシャビ・アロンソをパートナーとした彼はフォームを改善させ、アンフィールドで重大な人物に成長した。