ケヴィン・プリンス・ボアテング

ヴィン・プリンス・ボアテング

2007年にトッテナム・ホットスパーへとやってきたボアテングは、移籍金540万ポンド(およそ7.86億円)を支払っての取引だった。

しかしながらあまり出場機会は得られず、2009年の1月にボルシア・ドルトムントへと貸し出されていった。

ところが、半年後にポーツマスへ移籍した彼は2回目のプレミアリーグで躍動。財政難で苦しむチームの中で輝きを見せ、高い評価を受けることになった。

その後ガーナ代表の一員としてワールドカップでも活躍を見せると、夏にはイタリアのジェノアへと去っていった。