今夏にリーズへ復帰したMF井手口陽介だが、トップチームには登録されず。厳しい状況にあるが、U-23マッチで存在感を見せた。

コヴェントリー戦にフル出場すると、2点目のゴールをアシストしたのだ。

190cmを超える長身FWサム・ダルビー(18歳)の頭に合わせるボールを供給。

この日の井手口は相手のカウンターを潰してイエローカードも受けたが、ミドルシュートなどでも存在感を放った。

『leeds live』によれば、マルセロ・ビエルサ監督もこの試合を視察したようで、「井手口はビエルサの目の前で魅せた」などとも伝えていた。指揮官に印象付けることはできただろうか。