『FourFourTwo』は今季のプレミアリーグで解任される可能性が高い監督ランキング」という記事を掲載した。

移籍マーケットが他の国よりも数週間前に終わるという異例のシーズンを迎えたプレミアリーグ。各チームは短い期間でチームを構築しなければならなくなった。

現状のプレミアリーグの20クラブにおいて、最も解任されそうな監督とは誰なのか?

20位:ショーン・ダイチェ(バーンリー)

ショーン・ダイチェ

ダイチェはバーンリーの重要な選手でもあった人物であり、クラブをプレミアに昇格させた功労者でもある。

昨季はチームを7位に引き上げており、その仕事は安全だ。奇妙なことに、ビッグクラブは彼をあまり欲しがっていないようだが。

19位:ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)

ジョゼップ・グアルディオラ

シティは記録的な勝点数を獲得してプレミアリーグの王者となった。もし今季不調になったとしても、グアルディオラは言葉でそれを正当化できるだろう。

18位:ユルゲン・クロップ(リヴァプール)

ユルゲン・クロップ

CL決勝進出、トップ4フィニッシュ。それ以上に彼はファンから愛されている。情熱的であり、時にはさらに情熱的な彼の性格は、選手からも慕われる。

もしボルシア・ドルトムントでの2014-15シーズンのように降格圏まで落ちてしまうことがあれば、いつでも解任されるだろうが。