『Mediaset』は22日、「元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシは、ローマとの契約を延長することを決めた」と報じた。

今年35歳になったデ・ロッシ。ローマとの契約は2019年夏までとなっており、今シーズン終了時に満了となる予定だった。

しかし記事によれば、すでにデ・ロッシはローマのフロントと会談を行っており、1年の契約延長に同意しているという。

その契約条件は、年俸150万ユーロ(およそ1.9億円)にボーナスが加わる形であるとのこと。

これは現在彼がローマで受け取っている年俸のおよそ半分に当たる額で、かなりの減俸を余儀なくされているよう。

しかしデ・ロッシは愛するローマでのキャリアを続けるという意志が強く、それを受け入れることにしたとのことだ。