『ESPN』は22日、「リベリアの政治家ダリウス・ディロンは、アーセン・ヴェンゲル氏への表彰を批判した」と報じた。

昨年リベリアでは元サッカー選手のジョージ・ウェア氏が大統領に就任した。

そして今回リベリアはアーセン・ヴェンゲル氏とクロード・ルロワ氏という二人のサッカー監督に同国最大クラスの表彰を行い、勲章を与えることにしたのだ。

彼らはどちらもジョージ・ウェア氏がサッカー選手として成長するに当たって重要な役割を果たした人物である。

しかし、それに対してダリウス・ディロン氏は公然と批判を行った。

個人的な生活において役割を果たしただけの人物を称えるために、大統領の立場を使用し、国家最大の勲章を使うというのは、権力の乱用ではないかという理由からだ。

リベリアでは金曜日に式典が行われ、そこにヴェンゲル氏とル・ロワ氏が出席する予定となっている。しかし、授与されたあとにも問題は続いていきそうだが…。