『BBC』は、「24日早朝にトッテナム・ホットスパーのフランス代表GKウーゴ・ロリスが飲酒運転で逮捕された」と報じた。

記事によれば、ロリスが検挙されたのはロンドン西部のグロスタープレイスで、パトロール中の警察によって車を停止させられたという。

すでにロリスは保釈されており、9月11日の火曜日にウェストミンスター裁判所へ出廷することになるとのことだ。

2012年にリヨンからトッテナムに加入したロリスは、それから一貫して守護神として活躍。今年はフランス代表のメンバーとしてワールドカップに参加し、優勝を果たしている。