かつてマンチェスター・ユナイテッドに所属していた元アイルランド代表ダロン・ギブソン。

30歳になった彼は今年3月に飲酒運転で2度目の交通事故を起こして逮捕された

起訴後、所属していたサンダーランドは彼との契約を打ち切り。ギブソンは事故当時、法的制限の3倍のアルコール値を示していた。

『BBC』などによれば、飲酒運転を認めた彼に対する判決が下されたとのこと。

ギブソンには2年間の地域奉仕活動への従事、そして40か月の免許停止が言い渡された。

現在治療を受けているという彼は、事故当時に精神的問題を患っていたとして、刑務所行きは免除されている。