長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルト。25日に敵地でフライブルクとのリーグ開幕戦を戦い、2-0で勝利を収めている。

そのアウェイゲームで着用したのは、7月にリリースしたシャツからソックスまで全身ホワイトのアウェイキット。フランクフルトの市旗にも使われているこの色はクラブの定番カラーだが、首周りや袖口を他色で彩らない“ホワイトのみ”というのは珍しい。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Eintracht Frankfurt 2018-19 Nike Away

アイントラハト・フランクフルト 2018-19 Nike アウェイ ユニフォーム

新しいアウェイキットは、エンブレムやスポンサーロゴ以外に差し色を当てないシンプルなカラーリング。胸元の仕様はシングルボタン止め。ここまでホワイトを強調したキットは、Jako製だった2007-08シーズンのアウェイキット以来だ。

アイントラハト・フランクフルト 2018-19 Nike アウェイ ユニフォーム

背面もシンプルにホワイト一色。肩周りは可動域を確保するラグランスリーブとなっている。

アイントラハト・フランクフルト 2018-19 Nike アウェイ ユニフォーム

パンツ、ソックスともにホワイトを基調にブラックの差し色。アウェイキットは徹底してこの2色のカラーコンビネーションを使う。