プレミアリーグ第3節、マンチェスター・ユナイテッドはホームでトッテナムを迎え撃つも、0-3で敗れてしまった。

シュート23本を放ったユナイテッドだが、最後までゴールを奪えず。開幕3試合の時点で2敗を喫するのは、1992-93シーズン以来のことだそう。

そんななか、試合後のジョゼ・モウリーニョ監督とMFポール・ポグバの様子について、『BBC』ではこう伝えていた。

「試合後、ポグバはトッテナムDFセルジュ・オーリエと話していた。

モウリーニョは2人の会話に割って入ろうとしたが、無視されてしまった」

両者は関係悪化が伝えられているだけに気になるところだ。

ただ、モウリーニョはもはや解任間近とも伝えられており、まるでサポーターに別れの挨拶をしているようだったとも…。

それでもインタビューではいつもの姿勢は変わらなかったようだ。

ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド監督)

「ベストで、攻撃的で、ハードにプレスし、チャンスを作っていたチーム(ユナイテッド)がチャンスを逸した。

すると、トッテナムが最初のコーナーキックで得点してしまった。

腹立たしいが、選手たちとパフォーマンスにはハッピーだ。

困難な時だとは思っていない」

果たして解任はあるのだろうか…。