2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに移籍した長谷部誠。ドイツに渡って今年で11年目を迎え、12シーズン目となるブンデスリーガでの新たな戦いが始まった。

そこで、ここまでの長谷部のブンデスリーガ挑戦をユニフォーム姿で振り返ってみよう。

2007-08シーズンのヴォルフスブルクから2017-18シーズンのフランクフルトまで、全11シーズンのユニフォーム姿を可能な限り掲載してみた。

ヴォルフスブルク 2007-08シーズン

長谷部誠 ヴォルフスブルク 2007-08 Nike ユニフォーム

2008年1月1日に入団し、ウィンターブレーク明けのシーズン後半戦からドイツでの挑戦が始まった。チームはこのシーズンを5位で終えている。

ホームキットは白/緑が半々が特徴的なデザイン。レプリカキットの胸スポンサーロゴはフォルクスワーゲンの「VWロゴ」だったが、選手用キットはほとんど車種名「TIGUAN」をプリントしていた。

長谷部誠 ヴォルフスブルク 2007-08 Nike ユニフォーム

あまり出番は多くなかったアウェイキットは、青/黒のストライプ柄。マッチアップする相手はブレーメン時代のメスト・エジルだ。

長谷部誠 ヴォルフスブルク 2007-08 Nike ユニフォーム

サードキットは濃淡が異なる緑の半々デザイン。使用機会は少なかったが人気の高いキットだった。