バルセロナとレアル・マドリーがしのぎを削るエル・クラシコ。

そのなかで伝説と言えるのが、2005年11月にサンティアゴ・ベルナベウで行われた一戦だ。

敵地に乗り込んだバルサは0-3で勝利。特に2ゴールを叩き込んだロナウジーニョのパフォーマンスは圧巻だった。宿敵であるレアルサポーターからもスタンディングオベーションが送られたほど。

この当時の秘話を元バルサのエヂミウソンが明かした。『ESPN』によれば、こう述べたという。

エヂミウソン

「ロナウジーニョからはとにかくパスをくれと言われたよ。レアル・マドリーを壊すって。

彼はヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督が好きじゃなかったからね。

ベルナベウでスタンディングオベーションを受けたのはこの試合だった」

「とても誇らしかったね。

自分が知る限り(ロナウジーニョ以外では)マラドーナだけだ。いい思い出さ」

ルシェンブルゴはブラジル人監督で、2004-05シーズン途中(2004年12月)にレアルの監督に就任。

ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ

だが、クラシコ惨敗で批判が噴出し、翌月の2005年12月にレアルを去るはめになっている。