ワールドカップ優勝に大きく貢献し、10代にして世界的スターとなったフランス代表FWキリアン・エンバペ。

その彼に対する人種差別的なメッセージを投稿したユーチューバ―に多額の罰金が科されたと、ブラジルの『O Globo』が伝えている。

サンパウロ州の検察当局はブラジル人Youtuberに対して、749.8万ブラジルレアル(およそ2億円)の支払いを命じたとのこと。

問題視されたのは、ワールドカップ期間中のツイートだそう。

このYoutuberは問題のツイートをした6月30日時点では8万以上のツイートをしていた。その後、謝罪したうえでこれまでにしていた5万ほどのツイートを削除。

ただ、最終的にはスポンサーとYoutubeチャンネルのフォロワーを失ったとのこと。検察は銀行秘密の開示を求めるなど本気のようだ。