『Daily Mail』は5日、「ジョゼップ・グアルディオラ監督は、マンチェスター・シティの練習場の作業スペース全てでスマートフォンを禁止した」と報じた。

禁止されるエリアはミーティングルーム、分析ルーム、トレーニングジム、そしてトレーニングピッチだとのこと。

グアルディオラ監督は、今季の開幕でやや引き締めが足りないと感じているとのことで、さらに厳しいルールを課したようだ。

現在、スマートフォンに関してはドレッシングルームでしか使用が許されていないという。そして、スマホ禁止と遅刻に関しては、選手の立場や給与に関係なく定額の罰金が言い渡されるとのこと。

記事によれば、最も先に罰金を支払うことになったのがDFバンジャマン・メンディだという。ただ、破ったのは遅刻の方だとのこと。さすがのスピードだ。