昨日9月16日で音楽活動を終えた安室奈美恵さん。歌だけに留まらない影響力を持ったシンガーだっただけに、40歳という年齢での引退を惜しむ声も。

そこで、40歳で現役のサッカー選手を探してみたところこの人物がいた。

ロイ・キャロル

かつてマンチェスター・ユナイテッドにも所属した北アイルランド代表GKロイ・キャロルだ(誕生日は1977年9月30日。安室さんは9月20日)。

キャロルといえば、ユナイテッドに在籍していた2005年のトッテナム戦で歴史に残る珍プレーをやった選手。

ペドロ・メンデスのロングシュートをファンブルしオウンゴールかと思いきや、クラッテンバーグ主審ら審判団は得点を認めなかったあのシーンだ。

キャロルはその後はデンマーク、ギリシャを経て、2016年から母国の名門リンフィールドでプレー。40歳になった現在も守護神として1部リーグのゴールマウスを守っている。

そのキャロルといえば癖が強めの選手でもあったが、最近でもこんな出来事が。

試合前にするはずの相手選手たちとの握手を拒否…。これは国歌斉唱をめぐる因縁があったのでは…と伝えられている。

そんなキャロルだが、昨季は怪我のために3か月ほど離脱し、チームも4位に終わった。それでも「俺はユナイテッドを含め苦闘中だった名門チームでプレーしてきた。だが、厳しい時はチームを強くする」と述べていたそう。

ちなみに、昨年まではフル代表にも招集されていた。今後代表でプレーする可能性も残されているかも?