2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグが開幕した。バルセロナはホームでPSVを4-0で撃破し、好スタートを切った。

サミュエル・ウンティティが後半に退場になるハプニングもあった一戦で、リオネル・メッシは圧巻のハットトリックを達成。その能力をまざまざと見せつけた。

そんな試合では、メッシとある選手との再会にも注目が集まっていた。写真に写っている少年は、PSVのFWスティーヴン・ベルフワイン。

10年前にバルサ選手たちと同じホテルに泊まったことがあり、そこでメッシと写真を撮っていたのだ。

それから10年後にCLの舞台で対峙することについて本人は「特別なこと」と語っていた。

そのベルフワインは先発すると78分までプレー。チャンスもあったほか、メッシとボールを競る場面も。

メッシとスティーヴン・ベルフワイン

おそらく感慨深く感じたはず…。だが、大敗したこともあってか、試合後のSNSでは「日曜日(アヤックスとのトッパー)に集中する」と短いメッセージを綴っていた。

View this post on Instagram
Heads up. Focus on sunday 🔴⚪️
Steven Bergwijnさん(@stevenbergwijn)がシェアした投稿 -

それでもメッシと対峙する写真もしっかり載せていたぞ(画像2枚目)。

ちなみに、PSVは国内では開幕5連勝(21得点3失点)と無双だった。それだけにこの完敗はこたえているようだ。

『AD』によれば、MFルーク・デ・ヨングは「バルサはすごかった。スペースを見つけ、ゴールを奪うための質は相当だよ。僕らはもっとコンパクトにしなければいけなかった」と脱帽していたそう。