それによって長期のリハビリが必要になっており、もうしばらくピッチに戻ることが出来ない状況にある。

ウェリントン・フェニックスは彼の獲得に向けてオーストラリアサッカー協会の基金を利用し、マーキー・プレーヤー(スター選手枠)として獲得しようと打診を行ったという。

しかし代理人のアンテ・アウロヴィッチが話したところによれば、33歳のマーティンスはまだイギリスでリハビリをしたいと考えているとのこと。

アンテ・アウロヴィッチ

「オバフェミと話したことがあるが、彼は当分イギリスで怪我のリハビリを続けたいと思っている。

自分の将来を決めるまでには、1月までは待ちたいと言っていたよ」

中国に残ることがメインだと言うものの、すでに上海申花は外国人枠がデンバ・バ、ジョバンニ・モレノ、オスカル・ロメロ、フレディ・グアリンで埋まっている状況。もしかしたらJリーグもチャンスがあるか?