今月のコスタリカ戦で日本代表戦での初ゴールを決めたレッドブル・ザルツブルクの南野拓実。

オーストリア1部第8節ラピド・ウィーン戦で今季2点目となるゴールを決めた。

前半36分、ゴール前でボールを受けた南野の前方には3人もの相手選手が…。だが、ボックス外からここしかないというコースにシュートを撃ちこんでみせた。

得点への意識の高さとシュートテクニックをまざまざと見せつけるような一撃!

これで先制したザルツブルクは2-1で勝利。南野はフル出場している。