『FourFourTwo』は26日、「マンチェスター・シティのフィル・フォデンは、アンドレス・イニエスタとの比較を否定した」と報じた。

先日行われたカラバオ・カップでのオックスフォード・ユナイテッド戦に出場し、ゴールを決めた18歳の新星フィル・フォデン。

ヨーロッパでも最もエキサイティングなタレントの一人と考えられており、オックスフォードのカール・ロビンソン監督は「彼はイニエスタのようだ」と評した。

しかしフォデンは以下のように話し、イニエスタとはまだ比べ物にならないと宣言した。

フィル・フォデン

「満足しているよ。だけど、イニエスタは『別の惑星にいる存在』だね。

自分がそう呼ばれるのはすごいことだ。様々な意味を持つよ。火曜日は本当に大きかった。

僕はこれからのカップ戦の試合でも出場を続けていきたい。うまく行けば、もっと多くの試合でスタメン出場できるはずだ」

(プレミアリーグでも出たい?)

「急ぐ必要はないと思うよ。グアルディオラ監督は僕のやっていることを知っているし、適切なタイミングでプレーさせてくれるだろう。

彼は若手を育てるのが得意だし、それをやってきた人物だ。だから僕は忍耐強くあらなければならないよ。まだ若いし、学ぶことはたくさんある。

ダビド(シルバ)とケヴィン(デ・ブライネ)と練習して、彼らのプレーを毎日見られることは、選手として多くのものをもたらしてくれるね。グアルディオラ監督の下で働けるのは、本当に大きなことだよ。

監督とミケル・アルテタ(コーチ)は大きな助けになっているよ。僕は印象を残し続けなければならないし、努力して、いつチャンスが得られるかを見極めなければならないね」