酒井宏樹とともにマルセイユでプレーするフランス代表DFアディル・ラミ。

32歳の彼はイタリアやスペインでもプレーした経験を持つ選手だ。

フランス代表DFアディル・ラミ

ミランでは本田圭佑とも同僚だったのだが、当時の指揮官フィリッポ・インザーギを痛烈に揶揄したようだ。『L'Equipe』などによれば、こう述べたという。

アディル・ラミ

「いずれは指導者になりたい。ベンチにいる自分の姿が見えるよ。

自分のキャリアには多くの監督たちがいた。(ルディ・)ガルシア、ブラン、デシャン、エメリ、セードルフ。

彼らの働きぶりを見て、この仕事はまったくもって楽じゃないと思っていたんだ。

だが、フィリッポ・インザーギがやってきた。彼に礼を言わなきゃならないね。

自分でも監督になれると分からせてくれたんだから。もし彼がやれたんなら、誰でもできるさ…」

ピッポは2014年夏にミランのプリマヴェーラからトップの指揮官に昇格。だが、トップでの監督経験がなかったこともあり、1年でチームを去ることになった。

なお、今季からはボローニャを率いており、再び監督としてセリエAに戻ってきている。

ボローニャとミランは12月に対戦するが、インザーギvsガットゥーゾの監督対決も注目されそうだ。