今季序盤は黒星先行で苦しんでいるウェストハム。しかし29日の試合ではマンチェスター・ユナイテッドを下すなど、チーム状態は上昇傾向にあるようだ。

そんな今季のサードキットを、クラブとUmbroは7月24日にリリース。今回のデザインは、クラブが降格したシーズンのサードキットにインスパイアされたという。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

West Ham United 2018-19 Umbro Third

ウェストハム・ユナイテッド 2018-19 Umbro サード ユニフォーム

新しいサードキットはライトグレーを基調に、ブルーとクラレットのチームカラーで各部を彩る。チームエンブレムもシャツに合わせてカラーチェンジ。両肩のグラフィックはウェストハムらしくないデザインだが、これこそがインスパイアの“ネタ元”に共通する部分。

ウェストハム・ユナイテッド 1991-92 Butka サード ユニフォーム

新サードキットのデザインは、“クラブ史上初のサードキット”である1991-92モデルにインスパイアされたという。画像は当時のBukta製サードキットで、両袖の特徴的な斜めデザインが共通する。

ウェストハムはこの1991-92シーズンに1部昇格を遂げたが、最下位でシーズンを終了。1シーズンで2部へ逆戻りとなった。

ウェストハム・ユナイテッド 2018-19 Umbro サード ユニフォーム

パンツはシャツと同じくライトグレー。ソックスはブルー/クラレットのチームカラーで彩る。

ウェストハム・ユナイテッド 2018-19 Umbro サード ユニフォーム

左袖にはスポンサー「Basset & Gold」のロゴマークを掲出。