かつてユヴェントスやインテルでもプレーした元ブラジル代表MFフェリペ・メロ。

35歳になった彼は母国のパウメイラスでプレーを続けている。だが、“闘犬”ぶりは変わっていないようだ。

このほど行われたクルゼイロとのクラシコでイエローカードを貰ったのだが、なんとこれが今年になって23枚目のイエローだったそう。

『Marca』によれば、こう自己弁護をしていたという。

フェリペ・メロ(パウメイラスMF)

「俺はセルヒオ・ラモスのようになりたかった。

やつはイエロー、イエロー、イエローだったが、その後CLとW杯を勝ち取った」

「これが俺の役目だ。批判は受け入れる。それを検討して、改善するさ」