4日に行われたUEFAヨーロッパリーグのグループステージ第2節、カラバフ対アーセナルの試合で注目のヤングスターが結果を残した。

前半4分にソクラティス・パパスタソプーロスのゴールで先制したものの、なかなかリードを広げられないアーセナル。

しかし後半に入って8分、この試合でヨーロッパリーグでの初先発となったMFエミール・スミス=ロウがやった!

ゴールキックからの落としからアレックス・イウォビのスルーパスに抜け出すと、斜め45度から滑り込みつつシュートを決めた。

18歳と67日という公式戦での得点は、かつてアレックス・オックスレイド=チェンバレンが18歳と43日で決めて以来の最年少記録だという。