『L'Equipe』など各メディアは、「クリスティアーノ・ロナウドのスポンサーを務めているNikeやエレクトロニック・アーツが、レイプ訴訟を懸念している」と報じた。

Nikeは15年間クリスティアーノ・ロナウドの名前でブランド化されたスパイクを70以上開発しており、世界中で販売してきた。

その契約金はおよそ10億ドルであると言われているが、今回のレイプ疑惑に関する訴訟によって、今後の契約を検討している状況にあるという。

クリスティアーノ・ロナウドは、現在2009年にアメリカのラスベガスでキャサリン・マヨーガという女性を強姦したとして訴えを起こされている。ラスベガス警察が現在その事件の捜査を進めている状況だ。

ロナウド側はその疑惑を否定しているが、ポルトガル代表のメンバーからも外れるなど事件の影響が広がっている。

彼は他にもタグ・ホイヤー、ハーバライフ、アメリカン・ツーリスタなどと大型契約を結んでいるが、それらのスポンサーも事態を注意深く監視しているようだ。