バルセロナは世界で最も多くのスポンサー収入を得ているフットボールクラブになったと発表した。

『Forbes』のデータによれば、バルサは年間2.47億ドル(271.9億円)のスポンサー料を得ているとのこと。

これは、2位のマンチェスター・ユナイテッドに4500万ドル(49.5億円)、3位のレアル・マドリーには4700万ドル(51.7億円)の差をつける額だという。

また、『Brand Finance』が昨年発表した格付けでも、バルサはNikeと楽天との契約によってAAA+というトップクラスの評価を得ている。