36歳になった元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ。つい先日、ヴィルトゥス・エンテッラに練習生として加入し、ピッチへの復帰が期待されていた。

だが、友人であるジャーナリストのピエルルイージ・パルド氏を通じて引退を表明した。

ヴィルトゥス・エンテッラの会長やチームメイトに感謝しつつ、「この日がやってきた。本当に終わると決める日が。今から俺の第2の人生が始まる」などと綴っている。

そして、引退した理由については、「数日間の練習で、もはや俺にはトレーニングを一貫してやるメンタルがないことが分かった」と語ったようだ。