今週はインターナショナルマッチウィーク。各国のトップリーグは中断期間となっており、日本でもJ1の開催は1週お休みとなる。

一方で下部リーグは中断することなく行われる。J2は残り6節となり、優勝から熾烈な昇格・残留争いまで佳境を迎えている。

そこで今回は、優勝と昇格を争うJ2上位の注目チームから、キーマンとなりそうな5人をピックアップしてみた。

※データは第36節終了時点(10月7日現在)

守田達弥(松本山雅FC)

守田達弥

松本の堅守は彼の存在なくして語ることは出来ない。

J1で100試合以上出場の実績を誇る守護神は、今季、アルビレックス新潟から加入すると、ここまで全試合フル出場でリーグ最少の33失点に抑えている。

7月には5試合でわずか1失点という鉄壁の守備が評価されて月間MVPも受賞。9月以降のホームゲームでは前節の愛媛戦まで3試合連続のクリーンシートと、ここにきて守備力がさらに向上しているのは優勝・昇格への好材料だ。

リーグ最多12引き分けという数字にも表れている通り、今季の松本には勝ち切れない試合も見られる。しかし、最後までサポーターの後押しと共に優勝争いの中心になるのは間違いないだろう。